【本の感想】アガサ・クリスティー 『カリブ海の秘密』 永井淳訳

アガサ・クリスティー 『カリブ海の秘密』 永井淳訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『A Caribbean Mystery』です。

☆☆☆

鏡は横にひび割れて』に続く、ミス・マープルシリーズの第九作目です。老々コンビが活躍する老人力の光る物語です。

老々コンビ

一人はマープルです。持ち前の好奇心と行動力で事件に探りを入れていきます。カリブ海なので今までと違い人脈は活かせないアウェイの状態からのスタートになりますが、経験と知識を活かして頼れる仲間を見つけていくところから活動をしていきます。

犯罪に関わって推理して解決していくのが良い刺激になっている様は、老いてなおマープルは健在だと感じさせます。

もう一人は男性です。介助が無いと生活できない大金持ちの老人で、口は悪いのですが頭は達者です。

この二人の会話は楽しく、実にいいコンビです。

煙幕が多い物語

物語は煙幕が多いです。三組の夫婦が登場し、それぞれがそれぞれの事情があります。しかも、旅先で知る話なので、話している内容が本当かどうかは分からないという話もあり、誰の何の話をしているか、それが本当のことなのかというのが分かりづらい作りになっています。

結論はシンプルなのですし、メタな視線で見ると犯人は露骨に分かります。しかし、関係があるのかないのか分からないエピソードが煙幕のようになっているせいで、文字通り煙に巻かれた感じがします。

さいごに

旅先で徐々に親しくなっていくところや、老々コンビのやりとりなど老人たちの周辺の話は面白いのですが、残念ながらそれ以外はそれほど面白くはありません。

結末に意外さがないこともあって、なんだか無駄の多さが気になってしまいました。年を重ねて老いることが分かれば、老人たちの活躍で面白さは増すと思います。

コメント