【本の感想】アガサ・クリスティー 『予告殺人』 田村隆一訳

アガサ・クリスティー 『予告殺人』 田村隆一訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『A Murder is Announced』です。

☆☆☆

動く指』に続く、ミス・マープルシリーズの第四作目です。冒頭のインパクトは強いですが、その後はやや冗長です。失う哀しさが伝わる話です。

冒頭のインパクトはいいけれど

「予告殺人」の言葉のとおり、新聞に予告がされ、実際に殺人が起きます。退屈な田舎故に、面白半分に村人は集まってくる様やその後の混乱は面白いのですが、面白いのはここまです。

なぜならばそれ以上の刺激的なことがないからです。

警察の捜査

捜査は警察が行います。一歩ずつ丁寧に、進むたびに犯人や動機、疑問点を丁寧に洗い出していきます。それにあわせて登場人物の口からもそれぞれを何を考えているかが分かってきます。

丁寧ゆえに長く、つまらないわけではないのですが、やや冗長に感じてしまいます。

マープルの推理

老猫中の老猫と作中で表現されるマープルの活躍は、推理とわずかな違和感に気づくことです。そのちょっとしたことは翻訳物の悲しさか、気づくのは難しいです。

一方で、老人ならではの観点から解説される内容は、犯人の独白も合わせて物語にやや哀しさを残します。

さいごに

やや冗長ですが、読み続けてしまう面白さはあります。でもそれほど面白いかというとそうではありません。2時間ドラマならぬ、3時間ドラマを見ているような感じです。

マープルシリーズで『ABC殺人事件』のような展開を期待する方が間違っているのですが、予告殺人となるとどうしても意識してしまいます。

それとは別のところで、誰が誰なんだという疑心暗鬼になりそうなところに面白味はあるのですが、面白さを加速するにはややエネルギーが不足しているように感じます。

それでも終盤から描かれる老いた者の哀しさは印象的でした。身勝手で自己中心的なことではあるのですが、それでいてどこか責めにくい感じがするからです。

コメント