【本の感想】アガサ・クリスティー 『ポケットにライ麦を』 宇野利泰訳

アガサ・クリスティー 『ポケットにライ麦を』 宇野利泰訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『A Pocket Full of Rye』です。

☆☆☆☆

魔術の殺人』に続く、ミス・マープルシリーズの第六作目です。嘘つきばかりの一族の遺産争い、過去の不正と因縁話に見立て殺人と、変化し続ける展開が面白いです。そしてなによりも最後の手紙が印象的です。

面白い舞台

ポケットにライ麦がある毒殺事件から始まり、マザー・グースに関連した見立て殺人疑惑、第一被害者の過去の因縁話、第一容疑者が第二の被害者になるなど、話が次々と膨らんでいくからです。

また、登場人物は第一被害者の死を悼む人は一人しかおらず、「この家の人間は嘘つきばかり」「みんな不愉快な連中ばかり」と言われるような自分勝手な人ばかりです。

それらが美味く組み合わさっています。次の展開が読めず、翻弄されてしまいます。

マープル

今までのマープルは、単なる好奇心で動くお節介なおばあさんという印象ですが、今回は違います。登場するところからして「悲嘆と憤激」と描写されており、自らの意思で現場へ赴きます。大変活動的です。犯人にも厳しい言葉を発します。

そして事件を解決し、帰宅したところの勝利を噛みしめるマープルの描写は、なんともマープルらしいです。

手紙

何よりも印象的なのが手紙です。マープルの推理を決定づける証拠となる手紙が最後に届くのですが、この手紙が実に印象的です。

たどたどしく綴られた手紙から感じられる戸惑いと純粋な喜びは、送り主の結末を知った後に読まされるが故に、やるせなさが増します。

この手紙と、手紙を読んだ後のマープルの描写が話を面白く感じさせる大きなポイントになっていると思います。

さいごに

話の展開も最後の締めくくも思わず「うまいなぁ」と感じてしまう面白さです。

コメント