【本の感想】アガサ・クリスティー 『親指のうずき』 深町眞理子訳

アガサ・クリスティー 『親指のうずき』 深町眞理子訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『By the Pricking of My Thumbs』です。

☆☆

NかMか』に続く、トミーとタペンスシリーズ第三作目です。一枚の絵画とある人の言葉と老人となっても行動的なタペンスが新たな事件に巻き込まれる物語です。

主人公になったタペンス

トミーとタペンスシリーズなのですが、登場人物紹介ではタペンスは主人公、トミーはタペンスの夫となっています。持ち前の行動力で事件に深く関わるきっかけを作り、のめり込んでいくタペンスはまさに主人公なのですが、トミーはトミーで活躍をしているわけで、ちょっと寂しいです。

年齢的には初老の夫婦なのですが、当の本人はまだ自分たちを老人とは考えていない。そんな二人の冒険は、一枚の絵画とある人の言葉が結びついて新たな事件になっていきます。タペンスが余計なことに首を突っ込んだ結果とも言えますが、老いてもなお冒険とスリルは健在です。

二人のやりとりや行動を楽しむ

その分、二人のやりとりや行動を楽しめるのですが、それはそれでいいのですが、物語は冗長です。

特に調査で様々な人物との会話やその印象を心の中で語るところが多くあるからです。二人のことを楽しめるなら冗長に感じないでしょうが、その分、物語はゆっくりと進みます。

そういう意味では二人のファン向きに書かれたように思います。『NかMか』で使った偽名や、お約束とも言える背後から襲われて気を失うシーンなどを読むと特にそう思います。

さいごに

冒頭で「ふたりとの再会を楽しんでください」と書かれている通りです。楽しめるなら会話や行動、考え方や出来事などを楽しめます。そうでないなら冗長に感じると思います。それでも飽きさせないのはさすがクリスティですが。

ラストは急展開です。手前に分かりやすい伏線があるのですが、それまでのゆっくりさと比べると急ぎすぎのように思います。

とある言葉が伏線なのですが、『葬儀を終えて』と違ってインパクトはなく、『鏡は横にひび割れて』と違ってあっさりしています。

これらは前向きで明るい二人の老夫婦には不要なのでしょうが、物語としてはちょっと残念です。

コメント