【本の感想】アガサ・クリスティー 『雲をつかむ死』 加島祥造訳

アガサ・クリスティー 『雲をつかむ死』 加島祥造訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『Death in the Clouds』です。

☆☆☆

三幕の殺人』に続く、名探偵エルキュール・ポアロシリーズの十作目です。ちいさい楽しみがいくつもある物語です。

ちいさい楽しみがいくつも

ポアロが犯人扱いされたことをいじるやたらとテンションの高いジャップ、さらっと触れられる過去の事件、今まで散々ネタ扱いされてきた原住民の矢と毒が登場したりと、ちいさい楽しみがいくつもあります。

今までを知っていれば、ジャップがポアロをいじる様子は楽しさが文章からあふれていて好ましいです。

その他にも、『ゴルフ場殺人事件』で登場したジローを引き合いに出していじったり、しれっと『オリエント急行の殺人』のネタバレがあったりと、過去作を読んでいないと油断ならないところがあります。さらに、登場人物の探偵小説家に対するメタっぽい話もあります。これらはファンサービスとして小さな楽しみを提供してくれます。

たまたま現場にいただけなのに事件に振り回される被疑者たちの日常が描かれたり、登場人物がやたらと内面をよくしゃべる心理描写など、今までにない描写もあります。

それらがもの凄く面白いわけではありません。しかし、様々なちいさな楽しみの連続のため、読んでいてあきません。

さいごに

型にはまった安定感のあるポアロものです。ポアロらしく事件を解決し、恋愛問題も解決します。

コメント