【本の感想】アガサ・クリスティー 『白昼の悪魔』 鳴海四郎訳

アガサ・クリスティー 『白昼の悪魔』 鳴海四郎訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『Evil under the Sun』です。

☆☆

愛国殺人』に続く、名探偵エルキュール・ポアロシリーズの二十作目です。読みやすく安定感はありますが、印象に残らない話です。

読みやすい

登場人物一覧に十八人の名前が並びます。内十二人がジョリー・ロジャー・ホテルの滞在客としか説明がないのですが、誰が誰なのかを読み間違えることなくするすると読めます。滞在客の個性を分かりやすく描かれているからかもしれません。

また、事件もシンプルに書かれています。最初読んだだけでは気づかない伏線やヒントはありますが、犯人やトリックが分かるかどうかは別として、ほぼまっすぐ物語は進むため、むしろ物足りないくらいです。

有名人ポアロ

ポアロはすっかり有名人なようです。本作では『ナイルに死す』の事件では素晴らしかったという話が冒頭に出てきます。一方で、休暇に来ているはずなのに、事件があるかのように周りから思われていたりしています。満更でないところがポアロらしく、ほほえましいです。

印象に残らない話

美女が殺され、男と女の話があり、遺産の話があり、麻薬の話もありと、色々とあるのですが、不思議と印象に残りません。物語もつまらないわけではないのですが、全体的に小粒です。これは、犯人側の魅力の無さが原因だと思います。また、動機やトリックに無理を感じるところもあり、ポアロが最後に話を披露して犯人が捕まったところで、なんの感慨もありません。計画的ではあるが緻密ではなく、勢いで犯罪が行われた感があります。

また、ポアロと言えば恋愛とりまとめおじさんではありますが、話の最後のまとまりはポアロは無関係ですし、価値観によっては受け入れられないでしょう。

そんな中、魅力的なのがアメリカ人夫婦の会話です。良くしゃべる妻にうなづくだけの夫。でも実は価値観はしっかり共有されていて相手に花を持たせるといういい夫婦の姿を見ることができます。

さいごに

安定感のある佳作です。シンプルで読みやすいです。しかし、脈絡のない事実をはめ込んでいくシーンに驚きはなく、無難にパズルのピースが埋まってしまいます。

つまらないわけではないのですが、面白いかというとそうでもなく、でもするすると読ませる力のある作品です。

コメント