【本の感想】アガサ・クリスティー 『エッジウェア卿の死』 福島正実訳

アガサ・クリスティー 『エッジウェア卿の死』 福島正実訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『Lord Edgware Dies』です。

☆☆

邪悪の家』に続く、名探偵エルキュール・ポアロシリーズの七作目です。真相は単純ですが、そこにたどり着くまでに自縄自縛なポアロを見ることになります。主演女優の突き抜けたエゴイストっぷりが印象的です。

主演女優のこと

どう見ても犯人にしか思えない主演女優の突き抜けたエゴイストっぷりが実に印象的です。ポアロの依頼人でもあるのですが、とにかく自分が好きで自分以外には興味がない、ある種のサイコパスのような突き抜けた身勝手さがあります。

ポアロなど来客時の対応、その中でも喪服の品定めをしているところや最後の独白、根底にある考え方など、その自由さと自身のどこが悪いかなど全く考えない姿勢には驚かされます。

今回のエアエッジ卿の死で最も得をするのが彼女です。動機をはっきり口に出していますが、証拠が見つかりません。ネタが割れてしまうとそのシンプルさ故の結果と分かるのですが、それまでは実に自由奔放です。

自縄自縛なポアロ

いみじくもジャップ警部が言っていますが「複雑に考えすぎ」です。推理して、状況が符合して、それでまた先に進むのですがどこか腑に落ちない感じがする。そういうことを一つ一つこなして話を進めていくのはさすがはポアロなのですが、それ故に随分と振りまわされているようにも感じます。

それもこれも容疑者たちの思惑があるからなのですが、ややくどく感じるその姿は自縄自縛になっている感があります。第二、第三の殺人がポアロの知る前に実行されていたことを思うとポアロの失敗ではないのですが、なんともちぐはぐ感があります。

とはいえ、最後のちょっとしたどんでん返しはポアロの怖いところです。

さいごに

前作の『邪悪の家』と重なるところがあります。その『邪悪の家』がそれほど面白く思わなかったので、『エッジウェア卿の死』も同じくそれほど面白くありません。それもこれも自縄自縛になってしまっているポアロが残念だったからです。

一方で、その単純さゆえにポアロを振り回した犯人のエゴイストっぷりはなかなかです。お馬鹿芸人が実は一部の才能に特化していてお馬鹿でなかったのを見た感じです。そして何より最後の追伸に書かれているから見える懲りないところに笑ってしまいました。

それにしても教養は大事ですね。

コメント