【本の感想】アガサ・クリスティー 『死人の鏡』 小倉多加志訳

アガサ・クリスティー 『死人の鏡』 小倉多加志訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『Muder in the Mews』です。

☆☆☆

ポアロの中編が四つ収録されています。

厩舎街の殺人

無理な姿勢でのピストル自殺という分かりやすいところ以外にポアロは反応しますが、それが何かは最後になるまで分かりません。最初の段階で分かるのはほぼ他殺に違いないということです。

そして話はジャップ目線で話は進み、ポアロの目線で真相が解明されます。ジャップの目線とポアロの目線が組み合わさると真相が見えてくるのですが、見えそうで見えず、うまく重ねてミスリードをしてくるので感心しました。

面白い点は、聞き込み時にする容疑者のリアクションに対するポアロたちの反応です。ポアロたちが何かを見た、聞いたときの容疑者のリアクションに対して、ジャップとポアロの反応は違います。

これは二人とも見えているものが違うからです。その違いを丁寧に追いかけて、それぞれが何を見ているのだろうと考えながら読むと面白いです。

謎の盗難事件

スパイの婦人を軍事機密書類を餌に呼び寄せ捕まえようとするが失敗して書類は無くなってしまいます。そこでポアロが呼び出されます。

最後にポアロが解説してくれる話が面白いです。というのも、政治的な事情を考慮することもあって、複雑で入り組んでいる内容を説明してくれるからです。

調査をして分かるのが、いくつもの矛盾があって、一つ進むと何故が増えていくことです。

頑なに「人影を見た」と主張する人物は近眼ですし、メイドの悲鳴はどこかでおかしいですし、怪しい婦人は勝利を隠しきれない態度をとるからです。そうして依頼人に話は戻るのですが、それだと依頼人の動機が分かりません。

ただ事件を解決するだけでなく、依頼人が言わない真の事情を見抜いて解決するポアロがかっこいいです。

「閣下。相反する要求をうまく活かせないようでは、とても政治家とはいえますまい!」

死人の鏡

三幕の殺人』や『謎のクィン氏』に登場したサタースウェイト氏が少しだけ登場します。依頼には不満そうなポアロでしたが、サタースウェスト氏との会話では随分と楽しそうです。

家門にこだわる金持ちの貴族の男が拳銃自殺をするのですが、ポアロにより他殺と分かります。取り巻くのは霊魂が見える夫人、美人の養女、養女の周りの男性、年代記を作る仕事で来た女性です。

密室のトリックをどうポアロが明らかにしていきます。さらに、会話の中から殺された男の様々な評判を聞くのですが、そこに違和感があります。この違和感が犯行に結びつけば殺害方法が分かります。

しかし、それより最後の一言の残酷なところが印象的です。

「かわいそうな人。どうしてあんなことをしたのかしら……」

知らないというのはこういうものなのでしょうが、そこに救いはありません。

砂にかかれた三角形

休暇をゆっくり過ごしたくてロードス島に来たポアロですが、事件が刻々と迫って来ているのを感じることになります。そしてその予感のとおり、三角関係の頂点にいた女がアルコールを飲んで死んでしまいます。毒殺です。

最後は展開が早すぎてついていけなかったです。一体、ポアロはどこで何に気づいて事件と感じたのか分からないからです。

過去にそういうタイプがいたという話や、殺された女性は金を持っているというのは分かるのですが、表面では言えなていない別の三角形を見抜いて事件を予見したところが謎で、ポアロは神懸かりになっています。

そうなのかという驚きはありますが、腑に落ちない読後感です。

最後に

安定のポアロものです。

コメント