【本の感想】アガサ・クリスティー 『オリエント急行の殺人』 山本やよい訳

アガサ・クリスティー 『オリエント急行の殺人』 山本やよい訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『Murder on the Orient Express』です。

☆☆☆☆☆

エッジウェア卿の死』に続く、名探偵エルキュール・ポアロシリーズの八作目です。構成がよくムダがありません。その速度感や要所でのインパクトのある展開、さりげなくちりばめられたポイントなど、ネタバレを知っていても面白いです。

構成のこと

第一部では事実が集められ、第二部では証言が集められ、第三部では事実と証言から考えて結論を出します。

実にシンプルで無駄がありません。この作りのため、一気に読み進めてしまいます。

ネタを知っていても面白い

第二部では様々な証言が出てきます。ちょっとした言動に違和感を覚えるポアロが描写されますが、さらっと流されて話は進みます。

ネタを知っていると、その時のポアロの思考を考えてみたり、ネタを知っているからこそ分かる違和感や、重要な点を改めて確認することが楽しいです。話が長かったりくどかったりするとそういう作業はあまり楽しくありませんが、本作はシンプルかつスピーディなので楽しく作業が出来ます。

確認作業をしなくても、第二部最後の証拠の荷物が発見されるところは、何度読んでも劇的でインパクト十分です。実に面白いです。

そしてなりよりも最後の解決法の提示です。実におしゃれ、ポアロらしい粋な感じです。

気になる人物

様々な人物が登場します。その中で最も印象的な人物はハバード夫人です。よくしゃべるアメリカのおばちゃんというキャラクターなのですが、彼女の心情を思うとなんとも複雑な気持ちになります。

さいごに

未読ならとりあえず読むことをお勧めします。ネタバレに触れていないならなおさらです。

読みやすく、インパクトがあり、粋な結末がある。文句なしの名作です。

コメント