【本の感想】アガサ・クリスティー 『NかMか』 深町眞理子訳

アガサ・クリスティー 『NかMか』 深町眞理子訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『N or M ?』です。

☆☆☆

秘密機関』に続く、トミーとタペンスシリーズ第二作目です。夫婦が保養地でドイツのスパイを探し出すサスペンス小説です。

夫婦の活躍

トミーとタペンス、それぞれのパートがあります。その中で目立つのはタペンスの活躍です。

序盤で依頼人を出し抜くところや、潜入先での大胆で自由な行動は、トミーに比べると機転があります。この行動力と機転の利かせ方がタペンスの魅力であり、この物語の楽しいところです。

一方でトミーは一作目の『秘密機関』に比べると年齢を重ねた分、落ち着いた行動をします。しかしお約束なのか、一冊目同様、敵に背後から襲われて気絶して捕まります。タペンスの活躍と比較すると道化役になっている感があります。

これはこれで一作目を踏襲していて面白く、思わずつっこんでしまいました。

ミステリで無くサスペンス

保養地の館でスパイを探す展開はミステリのようです。全員にさりげなく聞き込みをして、状況を整理してスパイが誰かを探します。

二人の思考は分かりやすく自然です。それがミスリードなのですが、分かりやすさ故にシンプルです。その分かりやすさ、シンプルさがあって、ハラハラする事件があるというところが、この物語の面白さだと思います。

さいごに

一作目同様、日常に飽きて、ちょっとした冒険とスリルを楽しみたいならばいい話です。

露骨なヒントやミスリードもありますが、ちょっとした冒険とスリルがセットになってほどよく楽しめます。

ヤングアダルト向けのラノベ感があります。

コメント