【本の感想】アガサ・クリスティー 『おしどり探偵』 坂口玲子訳

アガサ・クリスティー 『おしどり探偵』 坂口玲子訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『Partners in Crime』です。

☆☆☆☆

若い二人の探偵ごっこが楽しめる連作短編です。

若い二人の探偵ごっこ

トミーとタペンシリーズの『秘密機関』と『NかMか』の間を埋めてくれる話です。

様々な探偵のまねごとをして依頼を解決していきます。本格的にその探偵の真似をするわけではありません。若い新婚の二人が探偵ごっこをしています。

探偵ごっこなのでモデルを知らなくても楽しめます。モデルの探偵は軽くなぞられるだけのフレーバーに過ぎず、ただただ二人の探偵ごっこを楽しむことになります。

若い新婚の二人が探偵ごっこが楽しいです。二人とも楽しんでいる感じが伝わってきますし、クリスティも楽しんで書いているように思えます。

さいごに

楽しんでいる感じがするライトミステリの連作短編は読みやすく、気軽で楽しいです。

短くて若くて明るくて勢いがあって楽しんでいる感じがするので、トミーとタペンシリーズでは一番面白いです。

コメント