【本の感想】アガサ・クリスティー 『ポアロ登場』 真崎義博訳

アガサ・クリスティー 『ポアロ登場』 真崎義博訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2011年発行を読みました。

原題は『Poirot Investigates』です。

☆☆☆

ガツガツしたポアロが楽しめます。

ガツガツしたポアロ

ポアロシリーズはシリーズを進めていくとポアロはすっかり老人になってしまいます。しかし、本作でのポアロはまだ若く、ガツガツしています。どれくらいかというと、『ゴルフ場殺人事件』くらいのポアロです。

カーテン』まで読んだ身としては、ポアロが若いだけで楽しいです。老人になったポアロは老いたことをぼやいています。しかし、若いポアロの身体は動きます。動かないことをぼやきません。頭も身体も自信にあふれています。

とはいえ、灰色の脳細胞を使うことを是としていますから、「あちこち駆け回って、砂埃のする道路にしゃがみこんで小さなルーペ片手にタイヤの跡を探し、タバコの吸殻やマッチを集める」なんて事はしません。

ポアロと仲間たち

シリーズの最初の頃だからか、ヘイスティングズは健在です。ジャップ警部のたびたび登場します。ポアロを中心に彼らがわちゃわちゃとしているところはポアロシリーズ前半の楽しみでした。その楽しみを今回も楽しむことが出来ます。

さいごに

兎にも角にもポアロがエネルギッシュです。短編だからか、より自信たっぷりな対応と解説は、長編よりも尊大さが感じられます。それもまたポアロの魅力です。

そんなポアロと仲間たちのやりとりは、実に微笑ましいです。

コメント