【本の感想】アガサ・クリスティー 『スリーピング・マーダー』 綾川梓訳

アガサ・クリスティー 『スリーピング・マーダー』 綾川梓訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『Sleeping Murder – Miss Marple’s Last Case -』です。

☆☆

復讐の女神』に続く、ミス・マープルシリーズの第十二作目にして最終作です。最終作らしくない最終作です。

最終作らしくない最終作

マープルは『復讐の女神』に比べると随分と若く行動的です。若いといっても老婆なのですが、まだまだ庭で草を刈ることはできますし、リウマチに悩まされることもないです。しかも、階段を駆け上がったりもできます。

若いと言ってもスピンアウトのように老婆で無い時代の事件でもなく、マープルは老婆のままです。それでいて、シリーズでは前の方の若さと行動力です。それらにずっと違和感を覚えました。

マープルはマープルで考え助言を与え行動し、依頼人は依頼人で行動していく流れはマープルシリーズそのものです。つまらないわけではないのですが、マープルの若さから伝わる違和感は話の最後まで続きました。

さいごに

マープルが歳を重ねずまだまだ物語が続いていくというのであればそれなりの話です。マープル最後の事件として読むと、前作とのつながりが切れたように感じてしまい、面白さが損なわれます。

話はミスリードが目立ちます。第二の殺人で犯人を容易に想像できます。動機も残念でインパクトも無いこともあり、最終作にしてはなんとも締まらない感じでした。

コメント