【本の感想】アガサ・クリスティー 『ABC殺人事件』 堀内静子訳

アガサ・クリスティー 『ABC殺人事件』 堀内静子訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『the ABC Murders』です。

☆☆☆

雲をつかむ死』に続く、名探偵エルキュール・ポアロシリーズの十一作目です。予告通りに殺人が行われていくサスペンス展開の話です。

サスペンス

通常、ポアロ側の動きはヘイスティングズの目線で語られています。しかし、本作では「ヘイスティングズ大尉の記述ではない」というあります。これが物語に不気味な感じを与えています。さらに予告の手紙から殺人が起こり、ポアロが調査に乗り出すことを繰り返していく展開です。

これらは「次がどうなるのか」という気にさせてくれて非常に面白いです。しかし、再読してポアロの思考を考えるとなんとももやもやしてしまいます。

無意識下の情報

「見ていてもすぐに思い出せない無意識下の情報」というのがあります。それはそれで興味深いところではあるのですが、それがミステリとしての面白さに結びついていないように感じます。「そういえば○○があった。言われるまで気づかなかったけれども」というのが読んでいても分かりようが無いからです。

登場人物が思い出す無意識下の情報やヘイスティングズ大尉の記述ではないで感じさせるところは、犯人像と大きくずれており、最終的に木戸どう修正されていきます。その語りは面白く、最後に救いはあるのですが、なんともすっきりしない物語でした。

これはAという街でAAが、Bという街でBBが殺害されていくという規模が大きすぎる、大仕掛けすぎるところに無理があると、それこそ無意識下に思ってしまっているかもしれません。

さいごに

規模の大きさをどう感じるかで面白さは変わると思います。初めて読んだときは面白いと感じたのですが、再読していくと、どうも無理があるように感じてなりません。

とはいえ、この予告して順番に殺害されていくパターンは有名なものですから、『スタイルズ荘の怪事件』のようにミステリの古典教養として読むといいかなと思います。

ちなみにヘイスティングズとの会話で『三幕の殺人』のネタバレがあるので注意が必要です。

コメント