【本の感想】アガサ・クリスティー 『書斎の死体』 山本やよい訳

アガサ・クリスティー 『書斎の死体』 山本やよい訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2011年発行を読みました。

原題は『The Body in the Library』です。

☆☆☆

牧師館の殺人』に続く、ミス・マープルシリーズの第二作目です。老婦人が素敵な話です。

素敵な老婦人たち

マープルとバントリー夫人が魅力的です。

ヘンリーとのやりとりからマープルはかわいいはにかみ屋であることが分かります。その他では場を和ませつつも解決に向けて推理を切り込んできます。その推理は、過去に村で起きたことを例に置き換えて話をするため、突拍子のないようにも思えます。

そこは年の功なのか、村の暮らしで分かる人間の邪悪さについてマープルはどう考えているか、人間の性質をどう思っているかというのにさらりと触れています。

多くを語らず、語っても突拍子のないように聞こえてもそこには理由があって、嫌なこともその話のなかで軽く軽妙に感じさせてしまうところが魅力的です。

もう一人の魅力的な老婦人はバントリー夫人です。最初は賑やかで、ただ楽しんでいるようにも思えます。しかし、終盤になぜ探偵のまねごとをしているかが分かります。そこにある人を想う気持ちは素敵です。

事件そのものの調査は警察を代表とする男性陣が行いますが、この二人の魅力的な老婦人が物語を魅力的にしていると想います。

事件のこと

事件は回りくどいです。ミステリとして無理があるかどうかは分かりませんが、真相が分かると随分と回りくどいことをしたのだなと思います。

さいごに

書斎に死体があることで事件に巻き込まれた老人たちが、老富豪の周りでうごめく人間模様に関連して事件を解決していきます。

その中でかわいい女性に素敵な女性、賢い女性にずるい女性と様々な形で女性の強さを感じました。

コメント