【本の感想】アガサ・クリスティー 『リスタデール卿の謎』 田村隆一訳

アガサ・クリスティー 『リスタデール卿の謎』 田村隆一訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『The Listerdale Mystery』です。

☆☆

12の短編集です。ちょっとしたミステリや冒険の詰め合わせです。気楽に読める話が多いです。

リスタデール卿の謎

金持ちの酔狂な遊びか愛他主義かと思ったら思わぬ結末になるところが面白いです。

リスタデール卿のやり方はオシャレと言うか、不器用というか、そういう可愛さがあります。一方で主人公たる夫人の、屋敷に相応しい上流階級の夫人らしい最後の一言が面白いです。

ナイチンゲール荘

主人公が助かるための狂言が実は本当の話なのかもしれないと思わせるオチとなっています。ただ真相が解明させるわけでもなく話は終わるため、投げっぱなしの話のように感じたためなんとも微妙な読後感です。

一方で、真相が語られないことで想像の余地を残した面白い話ともいえるので、受け取り方は人それぞれかと思います。

主人公は機転を利かせたのか、それとも悪女なのか。どっちなんでしょうね。

車中の娘

ちょっとしたアドベンチャーです。

汽車で移動中に追われている美女を助け、秘密の荷物を預かり、男を尾行した先でその男が殺されて……と、男だったらこういう冒険は悪くないなと思う話です。

オチには種明かしがあり、主人公の男性はハッピーな結果になります。思い切りと行動力は大事ですね。

六ペンスのうた

タイトルがキーワードのミステリークイズです。童謡の六ペンスのうたが分からなかったので、主人公の閃きに納得感はなかったです。

物語は特段盛り上がりもせず、短編らしくばっさりと終わってしまいます。調査をする主人公も何かを気負って調査をするわけでも無く、緊張感もありません。

ナイトらしい男気で調査を引き受けて事件を解決し、元の袋小路という自分の居場所に戻る描写がちょっとかっこいいといえばかっこいいです。

エドワード・ロビンソンは男なのだ

ロマンスと冒険で男らしさを得る話です。ふとしたきっかけと思いつき、そして行動力と大胆さがタイトル通りエドワード・ロビンソンを男にして、男なのだと認識させます。

単純で楽しい話です。

事故

これが名探偵なら事件を解決するところなのに、そうじゃないオチが面白いです。自信過剰気味な経験則が残念な結果になってしまうところにシュールさを感じて面白いです。

名探偵ならそんなことはないのでしょうが、自信満々で歓喜に酔いしれている優秀な凡人だとそうもいきません。

殺人犯というものは、一回の犯行で満足することはめったにないんだ。

なんて台詞はポアロもよく言っていますが、直感を信頼する癖があるとロクなことにはならないことを教えてくれます。

ちなみに主人公は元警部で、ヘイスティングズにある愛嬌を無くてギラギラさせた感じです。そのため、オチに同情はありません。

ジェインの求職

冒険とロマンスを組み合わせた話なのですが、ご都合主義のなんだこれ展開にはあきれて笑うしかないです。失笑する話です。

日曜日にはくだものを

日常に飛び込んできたドキドキと男女の掛け合いを楽しむ話です。

女性は男性を煽っておいてこれかい!とツッコミたくなる終わり方です。それが面白いかというと微妙な感じです。

イーストウッド君の冒険

作家が主人公です。アイデアが出ず、煮詰まったところに「追われている」という間違い電話があり、小説のような展開になります。

彼は憎々しげにタイプライターをちらりと見た。〝おまえがなんの役に立つのか知りたいよ。午前中ずっと、おまえとにらめっこしてたんだからな。ごくろうさまもいいところだ。作家というものは、実生活から筋書を手に入れなければならないんだ──実生活からさ、わかったか? これから一発仕入れてくるからな〟

と、話の前半の独り言の通りになります。主人公が遭った災難と、その災難すらネタにする作家の業が笑いどころです。

黄金の玉

勢いとちょっとした驚きを楽しむ話です。超展開過ぎて呆れてしまいます。勢いで書き上げたんじゃなかろうかと思うほどです。

物語は、突然現れた社交界の花形として有名な美人(年収2万ポンド)にドライブに誘われて、勢いそのまま彼女のノリに身を任せてデートを楽しみ、最後は結婚にまで話が進むというものです。

結婚を申し込むシーンのコミカルさや男女のちょっとした駆け引きは面白いです。

真面目一辺倒では無く、こういう形で黄金の玉を掴むこともあるという教訓になるかもしれません。最初のドライブに誘われる所からして現実的はありえないですが。そう思うと物語がつまらなくなります。

ラジャのエメラルド

胸がすっとする話です。三年で自分勝手で高慢な女にかわってしまった彼女に対し、冒頭で言われた嫌みをオチで嫌みで言い返すところが面白いです。

その他にも機転を利かせて難を逃れるところが見所です。

白鳥の歌

劇的な殺人が行われる話です。

オペラ歌手の会話は芸術家らしく聞こえて見過ごしてしまいがちですが、気をつけて読むと何かがあると分かってきます。そういう面白さがあります。

さらに、オペラの演目のトスカを知っていれば、彼女の意図したことが見えてきて楽しめるかと思います。

読み終えて思ったのは、彼女がトスカを得意とした理由は何なのかということです。得意になったのは偶然なのか、いつあるか分からない復讐のためにトスカを得意としたのかは語られません。

意図的なのか偶然なのかどちらなんでしょうね。

さいごに

先にポアロものの長編を読んでいたので『事故』が面白いです。

その他には不器用さと夫人のかっこよさの『リスタデール卿の謎』、単純に楽しい『エドワード・ロビンソンは男なのだ』、作家の業を感じる『イーストウッド君の冒険』が面白いです。

コメント