【本の感想】アガサ・クリスティー 『鏡は横にひび割れて』 橋本福夫訳

アガサ・クリスティー 『鏡は横にひび割れて』 橋本福夫訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『The Mirror Crack’d from Side to Side』です。

☆☆☆☆

パディントン発4時50分』に続く、ミス・マープルシリーズの第八作目です。全てが分かるとやるせない気持ちになる物語です。

動機が分からない殺人

書斎の死体』で事件現場だった屋敷が舞台です。最初の犠牲者は一見、恨みを買いそうに無い婦人です。分かりやすい動機はありません。誰かが大金を得るわけでもなく、得する人が出てくるわけでもありません。そこから本当は狙いは女優なのではないかと推測し、捜査されていきます。そしてその女優を殺害してからといっても得になることも見当たりません。

捜査されていく過程で様々なことが分かってきますが、話としてはやや冗長です。彼らの半生や人となりの調査は地味で退屈だからです。捜査側もマープルに愚痴をこぼすほどです。

加速する物語

やや冗長といっても、第二、第三の殺人が発生するとあっという間に終わります。その中でマープルが解明するのですが、そこでやや冗長だったあのシーン、あのやりとりが何を意味していたのかが気づかされます。

そして動機も判明します。その動機が哀しい動機のため、なんともやるせない気持ちになってしまいます。

さいごに

再読すると、その哀しい舞台装置がやるせない気持ちをさらに深くさせます。

印象的だったのは、第一の殺人の動機が分かった時、最初と終盤に描かれる道化師のこと、そして最後にあの場所に立って分かったことをマープルが話をするところです。

コメント