【本の感想】アガサ・クリスティー 『牧師館の殺人』 羽田詩津子訳

アガサ・クリスティー 『牧師館の殺人』 羽田詩津子訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2011年発行を読みました。

原題は『The Muder at the Vicarage』です。

☆☆☆

ミス・マープルシリーズの第一作です。噂話好きな田舎の老婦人たちの会話が印象的な話です。

ミス・マープルシリーズの第一作

マープルは殺人現場である牧師館の隣に住んでいます。彼女を中心に事件が進むわけではありません。事件は牧師と警察が中心となって進みます。そこでマープルは隣人として、終盤に探偵として推理をして事件解決の一助を担います。

ミス・マープルシリーズの一作目と知っても、マープルは地味な存在です。他の老婦人たちと異なり厚顔無恥ではありませんが、事件にするりと迫ります。押しが強いながらも嫌味の感じはしません。そのためやや上品な感じがします。

厚顔無恥な老婦人たち

田舎の村というはプライバシーというものがありません。村の女たちは噂話をペラペラと話します。その噂話のほとんどは根拠がありません。それでもそのことが娯楽として言いたい放題話をしています。

それでもあまり嫌な感じがしないのは、それらの話に皮肉やユーモアがあるからでしょう。

さいごに

全体的に何か印象に残る面白さというのはありません。

特に何か衝撃的なことは起きませんし、村は田舎の村らしくのんびりとしているからです。あるのは老婦人たちのにぎやかさです。その雰囲気を楽しめるところに面白さがあると思います。

それに本作はミス・マープルシリーズの一作目です。その一作目という事にも大きな価値があるでしょう。

コメント