【本の感想】アガサ・クリスティー 『青列車の秘密』 青木久惠訳

アガサ・クリスティー 『青列車の秘密』 青木久惠訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『The Mystery of the Blue Train』です。

☆☆☆

ビッグ4』に続く、名探偵エルキュール・ポアロシリーズの五作目です。ブルートレイン内で起きた殺人にポアロが挑みます。ヘイスティングズは登場しませんが、<グレーの目をした淑女>キャサリン・グレーが大変魅力的です。

キャサリン・グレー

ポアロに言われてうれしい台詞をランキングにしたら「わたしたちの探偵小説」という言葉はかなりの上位になるのではないでしょうか。もちろん、ついていく灰色の脳細胞も必要となります。

キャサリン・グレーはポアロに二度も「この事件は”わたしたちの探偵小説”ですよ」と言われるほどです。それだけで十分魅力的です。それでいて、終始控えめです。活躍するのはあくまでもポアロというのがまた良いです。

ポアロのポアロらしい恋愛への対応

年配の紳士的からの的確なアドバイスといえばいいのでしょうか、終盤の三人の女性への対応仕方が実にポアロらしいです。導くこともあれば慰めてもくれます。

誰かがカップルになれば誰かがカップルになれないわけで、事件解決だけでなく、恋愛事情も解決するということが、なんともポアロらしくて物語をいい感じに包んでいるように思います。

犯人のこと

『ビッグ4』をまだ引きずっています。話がもっと突拍子であれば気になりませんが、今回はそこまで突拍子で無いため、最後は話が締まらないように感じました。

さいごに

『ビッグ4』を少し引きずりつつも元のパターンに戻ってきたように思います。

その引きずりのせいか、真犯人が分かってもなんともしまらない感じがして残念でした。しかし、女性陣たちとその関わりではそれぞれの視点で語られながら物語は動くところが面白かったです。

コメント