【本の感想】アガサ・クリスティー  『黄色いアイリス』 中村妙子訳、早川書房

アガサ・クリスティー 『黄色いアイリス』 中村妙子訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『The Regatta Mystery and Other Stories』です。

☆☆

ポアロの短編が五つ、パーカー・パインの短編が二つ、マープルの短編が一つ、ノンシリーズの短編が一つ収録されています。

レガッタ・デーの事件

パーカー・パインものです。パーカー・パインものを先に読んでいると、パーカー・パインというだけでトリックが見えてきます。

何故かというと、仕掛けを作るやり方はパーカー・パイン氏の得意とするところだからです。逆に知らないと、その面白さに気づくかも知れません。

私なら今後は競馬はやりませんね。きわめて当てにならぬ動物ですから、馬というやつは

というオチの言葉が面白かったです。実にパーカー・パイン氏らしいです。

ちなみにプラスティシンとは粘土のことです。これがヒントなのですが、プラスティシンが何かの説明は最後のネタバレでされます。いきなり出てきた言葉なのでちょっと戸惑いました。

バグダッドの大櫃の謎

ポアロとヘイスティングズものです。気障な台詞を言うポアロに会えます。

動機とトリックは無理筋な気がします。犯人は消去法作戦をとったわけですが、美女、決闘、大櫃の穴でその予測は難しいと思います。登場人物が少ないこともあって、犯人を見つけるのは簡単なんですが、納得いかなかったです。

さらに気になるのがポアロは最後に犯行をやたら褒めることです。それも含めて説得力に欠けるように感じて腑に落ちない読後感です。

あなたの庭はどんな庭?

ポアロものです。ポアロが依頼を受ける動機からして良く分かりません。

ストリキニーネの大量服用、富豪、遺族は金欠にも関わらず、遺産の多くは介護をしていた小娘にいくという設定です。この設定だけで犯人は見えてくるのですが、毒を服用させた方法が分からなかったです。

庭がシンメトリーに欠くことがヒントになるのがポアロらしいです。いつもポアロが気にすることだと思っていたら見過ごしてしまうからです。

とはいえ、そこに気づいて犯人に結び付けるのは困難な気がします。

依頼を受けるところもですし、魅力的な登場人物は一人もいません。そういうところもあって読後感は良くありません。

ポリェンサ海岸の事件

パーカー・パインものです。これもパーカー・パインものらしいオチが楽しめます。

舞台は観光地です。母親と息子がおり、母親は息子が全ての過保護な女性です。そんな息子に出来たのは開放的な女友達です。しかも婚約しています。

母親はからすれば、その女性は不潔な不愉快な息子を誤った道へ進ませる存在だと信じています。そんな母親からの依頼です。

面白いのはパーカー・パインの仕掛けです。パーカー・パイン氏の用意したものは劇薬ともいえる美女です。その効果は劇的です。母親と女友達の態度の変わり様は大変面白いです。

もう一つ面白いのがオチです。作戦の内容が明らかになるのですが、男性の捨てきれないスケベ心がいい味出しています。

黄色いアイリス

ポアロものです。過去の事件の思い出が黄色いアイリスです。依頼人は分かりませんが、思い出の再演、つまり死の再演がされようとします。

劇的な演出なのですが、この集まりは計画的であり、過去と同じ毒殺を再現するのだから自ずと犯人は分かります。

それでも不穏な電話によるスタートや、電話してきた人が見つからない奇妙な現場、劇的な演出などスピード感ある展開を短時間で楽しめて面白いです。

これに呑まれると推理できずに話を読み進めてしまうので上手いと思います。残念なことは犯行は稚拙で独りよがりなことだけです。

ミス・マープルの思い出話

マープルものです。専門医と町医者の例えがマープルを表現していて面白いです。

つまり、裁判に勝つ専門の弁護士と町医者のように汎用な経験を持つマープルのどちらが真実に近いかという話です。

日常にとけこんでいて、気にして見ないと見えているようで何も見えていないところを指摘する様は実にマープルものという感じです。

今回の相談事は人の心理や習性をついた殺人事件なので、専門馬鹿で物の見方が狭いと見えないけれど、名探偵なら見えるというものです。

専門医と町医者の例えというのは面白かったのですが、町医者の能力が高すぎて興ざめでした。

仄暗い鏡の中に

不思議な話です。鏡に映った殺人現場を見てしまうのですが、実際には起きていません。しかし、直後に結婚する二人に会うと、殺す男と殺される女だったというものです。予知夢なのか、幻なのかは分かりません。

色々とあってそれが何を示していたかが分かり、踏み止まることができるのですが、アレは何だったかを思い出してみても分からないまま話」は終わります。

不思議な感じなだけの話です。

船上の怪事件

ポアロものです。金持ちの妻に仕える献身的で真摯な夫は実はカードの手品が仕えるという側面があります。そして妻は密室で殺されてしまいます。

面白いのはみんなを集めて言葉で語るのではなく、トリックの証拠を劇的にお披露目するところです。ポアロ流の気障なところを楽しめます。

一つの事実から決めつけるのではなく、そこから発展させないとどうやって殺したかにたどり着けません。しかし、あの時の話と、あの時の手癖を組み合わせて気づくには無理があるように思います。

短編らしい拙速さを感じました。

二度目のゴング

ポアロものです。『死人の鏡』で読んだ話です。設定はやや異なります。

設定がやや異なるだけの話なので、特に感想はないです。

さいごに

無理に感じるものが多くあまり面白くなかったです。その中でもパーカー・パインものは『パーカー・パイン氏登場』の前半に近い味わいがあって面白かったですし、『黄色いアイリス』も面白かったです。

コメント