【本の感想】アガサ・クリスティー 『秘密機関』 嵯峨静江訳

アガサ・クリスティー 『秘密機関』 嵯峨静江訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2011年発行を読みました。

原題は『The Secret Adversary』です。

☆☆☆

トミーとタペンスシリーズ第一作目です。若い二人の冒険サスペンス小説です。

若さと無謀さを楽しむ

冒険の喜びと危険を少しだけ感じてみたい、退屈な生活をおくっているすべての人たちに

序文でこのように書かれているような話です。若い二人が明るく前向きで、若者らしい無謀さと度胸、機転で国家に関わる機密に関わる話です。

二人の決断と行動は早く、明るく前向きです。その結果、なんやかんやとあってハラハラドキドキを楽しめます。

二人ともいいキャラをしています。そしてなによりも若さにあふれています。

さいごに

素人探偵にこのような依頼をするのは荒唐無稽でしょうし、敵とのやりとりはご都合主義といえばそれまでですが、序文のとおりの話です。冒険の喜びと危険を少し感じることが出来るエンターテインメント小説です。

何も考えず、気楽に楽しめます。

コメント