【本の感想】アガサ・クリスティー 『三幕の殺人』 長野きよみ訳

アガサ・クリスティー 『三幕の殺人』 長野きよみ訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『Three Act Tragedy』です。

☆☆☆

オリエント急行の殺人』に続く、名探偵エルキュール・ポアロシリーズの九作目です。中盤までポアロは活躍しない少し変わった話です。

素人探偵たち

物語の中盤までは素人探偵ががんばる話です。素人探偵たちは活躍せず、ポアロが動き出すまで事件会解決に向けて動きがありません。

しかし、ポアロが動き出してからは違います。ゲームのチュートリアルで助言をくれるキャラクターのようにポアロがアドバイスをし、素人探偵は動きます。

とはいえ、素人探偵に見せ場はないわけではなく、中心となる俳優の男が俳優らしい活躍をします。役になりきって、つまり容疑者を演じることでどう動いたか、何を考えていたかに迫り証拠を見つけるシーンなど見せ場はあります。

寸劇を見ているような感じです。

ポアロの役割

実は冒頭に役割表があります。題名の『三幕の殺人』のとおり、今回は舞台を意識しています。演出や演出助手がある中、なんとポアロの役割は照明です。

最初は何のことだと思いましたが、実際に読むと確かに照明役です。とはいえ、そこはポアロです。最後は照明の場所を固定して、そこに現れていつも通り犯人を特定して話すわけですが。

さいごに

今までとはちょっと変わった話の進め方は、それなりに新鮮です。

ポアロの最後の一言でクスッとさせられるのでそれなりに良い読後感を得ることができます。

コメント