【本の感想】スコット・ウエスターフェルド 『ベヒモス クラーケンと潜水艦』 小林美幸訳

スコット・ウエスターフェルド 『ベヒモス クラーケンと潜水艦』 小林美幸訳、早川書房ハヤカワ文庫SF)、2014年発行を読みました。

原題は『BEHEMOTH』です。副題は日本オリジナルです。

物語は三部構成です。『ベヒモス』は『リヴァイアサン』の続きです。

☆☆☆☆

東西を交わるイスタンブールが魅力的に描かれています。物語の速度は前作以上に加速しており楽しめます。

妖しげなインスタンブール

本作の魅力はなんと言ってもイスタンブールの魅力です。この世界観で東西が交差する街イスタンブールがどうなっているかというと、ダーウィニストとクランカーが交わる街になっています。

見た目を動物にした機械が動き、アームがついたオリエント急行が走ります。少数民族それぞれが所有する機械、入り組んだ街並み、独特のカフェとインスタンブールは魅力が一杯です。

そして新兵器のテスラ・キャノンにベヒモスと、なんとも言えない魅力が一杯です。

さいごに

少年少女の活躍もさることながら、イスタンブールの怪しさと物語の速度感が最高です。

次作の『ゴリアテ』でこのシリーズは完結です。

コメント