【本の感想】アガサ・クリスティー 『謎のクィン氏』 嵯峨静江訳

アガサ・クリスティー 『謎のクィン氏』 嵯峨静江訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『The Mysterious Mr.Quin』です。

☆☆☆☆

不思議な雰囲気が魅力的な連作短編です。

不思議な雰囲気が魅力的

どの話も不思議な雰囲気があって魅力的です。その魅力は、回を増すごとに謎が増すクィン氏の存在が大きいです。

クィン氏はまるで全てを分かっているかのようにサタースウェスト氏に示唆をします。相方となるサタースウェスト氏はその示唆と自身の観察から答えを導き出します。その結果、過去の出来事から現代の恋愛話が結びつきて話は結末を迎えます。

さいごに

どの話もミステリとして過去の謎を解決することよりも幻想的な感じがする話の締めくくり方をします。

サタースウェスト氏の目線から知るこれらの物語は、例えるなら日常で見ることが出来ないものを偶然見てしまったような感じです。なぜかというと、話を終えて姿を消したクィン氏という謎の存在は、話を終えてもどこかに最後まで残っているからです。

いい読後感が残ります。

コメント