【本の感想】アガサ・クリスティー 『火曜クラブ』 中村妙子訳

アガサ・クリスティー 『火曜クラブ』 中村妙子訳、早川書房クリスティー文庫電子書籍版)、2012年発行を読みました。

原題は『The Thirteen Problems』です。

☆☆

ミス・マープルの連作短編です。型にはまったミステリクイズをしているような感じになります。

型にはまったミステリクイズ

誰かが事件の話をし、そこからみんなが推理をします。最後はマープルがお馴染みの類似の話をしながら真相を当てます。

どの話もこの型にはまった流れになっています。そこで話が弾むかというと、残念ながらそうではありません。語り手の話も推理の内容もそれほど面白いかというと、とりあえず言ってみた感のあるものもあって物足りません。

真相はマープルの話でされるのですが、物足りないままに話を聞かされても、その話に乗れないため面白いとは感じられません。

参加するメンバーが入れ替わる後半はそうでもないのですが。

さいごに

それでもマープルはマープルです。マープルらしさはあるので、マープルが好きなら楽しめるかと思います。私はそこまでマープルに思い入れがないのでさっぱりでした。

コメント