【本の感想】内澤旬子 『飼い喰い 三匹の豚と私』

内澤旬子 『飼い喰い 三匹の豚と私』、岩波書店、2012年発行を読みました。

☆☆☆☆☆

豚を受精させ、育て、食べるまでの体験ルポです。肉を食べるだけなら知らない世界を身近に知ることが出来ます。それらは全て新鮮で、大変で、楽しそうで、美味しい話です。

食べるだけでは知らない世界

世界屠畜紀行 The World’s Slaughterhouse Tour』で様々な国の屠畜を見てきた著者が実際に軒先で豚を育てて食べる会までをするまでの話です。体験記としても面白いですし、畜産について知ることも出来ます。

目線は野次馬目線なので随分と軽いです。それでも様々なことを知るだけで面白いです。

知らない世界が見えてくる

著者の体験を通じて見えてきます。個人が軒下で育てることと大規模畜産との違い、昔畜産、今の畜産、豚についての様々なことです。あくまで中心は著者が軒下で豚を育てることです。そのため、著者の体験から超えた大規模畜産の話や畜産業の苦労や悩みについては触れられてはいますが、至極あっさりとしています。

それでも著者の体当たり的な体験は苦労と笑いと愛情があって楽しいです。

さいごに

『世界屠畜紀行 The World’s Slaughterhouse Tour』同様、無邪気に知的好奇心が満たせるいい本です。

コメント