クリスティー文庫

読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『死との約束』 高橋豊訳

前半は面白く、後半はいまいちで、探偵の見せ場ではやり過ぎ感がある。そんなアガサ・クリスティー 『死との約束』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ナイルに死す』 加島祥造訳

異国情緒ある旅情とロマンス、ミステリーが楽しめます。前書きでの著者の自賛も納得の面白さです。そんなアガサ・クリスティー 『ナイルに死す』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『もの言えぬ証人』 加島祥造訳

なんともいえない読後感でした。でもヘイスティングズと犬が好きならまた違うかも。そんなアガサ・クリスティー 『もの言えぬ証人』の感想です。
2020.07.26
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ひらいたトランプ』 加島祥造訳

ポアロの着眼点がゲーム模様と室内に何が置いてあるかであることが面白いです。そんなアガサ・クリスティー 『ひらいたトランプ』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『メソポタミヤの殺人』 石田善彦訳

すべては説明され、心理的にもすべて論理的に謎が解き明かされたが、証拠はない。そんなアガサ・クリスティー 『メソポタミヤの殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ABC殺人事件』 堀内静子訳

予告通り殺人が行われるサスペンスです。そんなアガサ・クリスティー 『ABC殺人事件』の感想です。
2020.07.18
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『雲をつかむ死』 加島祥造訳

ついに今まで散々ネタ扱いされてきた原住民の矢と毒が登場します。そんなアガサ・クリスティー 『雲をつかむ死』の感想です。
2020.07.11
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『三幕の殺人』 長野きよみ訳

ポアロは照明役として素人探偵たちにスポットライトを当てているちょっと変わった話です。そんなアガサ・クリスティー 『三幕の殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『オリエント急行の殺人』 山本やよい訳

読みやすく、インパクトがあり、粋な結末がある。文句なしの名作です。そんなアガサ・クリスティー 『オリエント急行の殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『エッジウェア卿の死』 福島正実訳

自縄自縛なポアロを見ることになります。主演女優の突き抜けたエゴイストっぷりが印象的です。そんなアガサ・クリスティー 『エッジウェア卿の死』の感想です。
2020.06.01