☆5

非常に良かった

読書感想文

【本の感想】内澤旬子 『飼い喰い 三匹の豚と私』

著者の体当たり的な体験は苦労と笑いと愛情があって楽しいです。そんな内澤旬子 『飼い喰い 三匹の豚と私』の感想です。
読書感想文

【本の感想】内澤旬子 『世界屠畜紀行 The World’s Slaughterhouse Tour』

明るい屠畜紀行です。無邪気に知的好奇心が満たせるいい本です。そんな内澤旬子 『世界屠畜紀行 The World's Slaughterhouse Tour』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『カーテン ―ポアロ最後の事件―』 田口俊樹訳

ポアロ最後の事件の幕引きは重く苦いです。そんなアガサ・クリスティー 『カーテン ―ポアロ最後の事件―』の感想です。
2021.01.23
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『オリエント急行の殺人』 山本やよい訳

読みやすく、インパクトがあり、粋な結末がある。文句なしの名作です。そんなアガサ・クリスティー 『オリエント急行の殺人』の感想です。
2020.09.17
読書感想文

【本の感想】殊能将之 『ハサミ男』

見事に騙されました。再読をしてもカギとなるところを見過ごしてしまいます。喉に魚の骨が引っかかったような描写も他の丁寧な描写で押し流されて、いつの間にか忘れてしまいます。そんな殊能将之『ハサミ男』の感想です。
2020.09.17
読書感想文

【本の感想】幕内秀夫 『粗食のすすめ 新版』

栄養素に振り回されず、「FOODは風土が決める」として、お米をよく食べていた戦前の日本食をすすめています。私はある程度、粗食を実践しています。そんな幕内秀夫『粗食のすすめ 新版』の感想です。
2020.09.17
読書感想文

【本の感想】近藤正二 『新版 日本の長寿村・短命村』

愚直なまでに実地調査で積み上げた事実を元にした結論にはぐうの音も出ません。そんな近藤正二『新版 日本の長寿村・短命村』の感想です。
2019.05.18
読書感想文

【本の感想】橘玲 『臆病者のための株入門』

株の世界がどういうものかを軽快な語り口で説明しているため分かりやすい内容です。株取引を始める前に読めば、株の世界の概要が分かりますし、自分の投資スタイルを考える上で役に立ちます。そんな橘玲『臆病者のための株入門』の感想です。
2020.09.21