☆3

ふつう

読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『死人の鏡』 小倉多加志訳

安定のポアロものの中編が四つ収録されています。そんなアガサ・クリスティー 『死人の鏡』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『パーカー・パイン登場』 乾信一郎訳

前半の半分は仕掛けがあって非常に面白いです。そんなアガサ・クリスティー 『パーカー・パイン登場』の感想です。
2021.09.12
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『死の猟犬』 小倉多加志訳

神秘的なことや超常現象的なことを題材にした話がほとんどです。ミステリ以外のクリスティが楽しめます。そんなアガサ・クリスティー 『死の猟犬』の感想です。
2021.08.15
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ポアロ登場』 真崎義博訳

ガツガツしたポアロが楽しめます。そんなアガサ・クリスティー 『ポアロ登場』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『NかMか』 深町眞理子訳

一作目同様、日常に飽きて、ちょっとした冒険とスリルを楽しめます。そんなアガサ・クリスティー 『NかMか』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『秘密機関』 嵯峨静江訳

何も考えず気楽に冒険の喜びと危険を少し感じることが出来るエンターテインメント小説です。そんなアガサ・クリスティー 『秘密機関』の感想です。
2021.06.05
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『カリブ海の秘密』 永井淳訳

老々コンビの活躍が面白いです。そんなアガサ・クリスティー 『カリブ海の秘密』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『パディントン発4時50分』 松下祥子訳

32歳の才媛家政婦ルーシー・アイルズバロウの活動が面白いです。そんな]アガサ・クリスティー 『パディントン発4時50分』の感想です。
2021.04.25
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『予告殺人』 田村隆一訳

冒頭のインパクトは強いですが、その後はやや冗長です。失う哀しさが伝わる話です。そんなアガサ・クリスティー 『予告殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『書斎の死体』 山本やよい訳

かわいい女性に素敵な女性、賢い女性にずるい女性と様々な形で女性の強さを感じました。そんなアガサ・クリスティー 『書斎の死体』の感想です。