☆2

いまいち

読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ハロウィーン・パーティ』 中村能三訳

全体的にもやもやした物語です。そんなアガサ・クリスティー 『ハロウィーン・パーティ』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『第三の女』 小尾芙佐訳

終始ぼんやりしてるためか、つまらないわけではないけど、面白くもありません。そんなアガサ・クリスティー 『第三の女』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『鳩のなかの猫』 橋本福夫訳

ポアロものの必要性がないため、それじゃない感が強いです。そんなアガサ・クリスティー 『鳩のなかの猫』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ヒッコリー・ロードの殺人』 高橋豊訳

ポアロが退屈しのぎに介入した事件は、退屈しのぎらしく、たいした意外性も無く物語は終わります。面白くもなく、つまらなくもありません。そんなアガサ・クリスティー 『ヒッコリー・ロードの殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『白昼の悪魔』 鳴海四郎訳

つまらないわけではないのですが、面白いかというとそうでもなく、でもするすると読ませる力があります。そんなアガサ・クリスティー 『白昼の悪魔』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『愛国殺人』 加島祥造訳

歯医者を前にしたポアロのリアクションは面白く、中盤はとまどい、最後に小さく驚かされます。そんなアガサ・クリスティー 『愛国殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『杉の柩』 恩地三保子訳

ヒロインや助けようとするヒーローになりきって読めばまた面白いかも知れません。そんなアガサ・クリスティー 『杉の柩』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ポアロのクリスマス』 村上啓夫訳

色々とわざとらしくやってる感じがする大げさな物語で、最後にちょっとびっくりさせられます。そんなアガサ・クリスティー 『ポアロのクリスマス』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『死との約束』 高橋豊訳

前半は面白く、後半はいまいちで、探偵の見せ場ではやり過ぎ感がある。そんなアガサ・クリスティー 『死との約束』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『エッジウェア卿の死』 福島正実訳

自縄自縛なポアロを見ることになります。主演女優の突き抜けたエゴイストっぷりが印象的です。そんなアガサ・クリスティー 『エッジウェア卿の死』の感想です。
2020.06.01