【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 17問目

問題

問題17 在庫管理に関する記述として誤りなものは、次のうちどれか。

ア.在庫の適正水準とは、回転率が高く、かつ品切れの起こらない安全余裕を持った在庫数である。
イ.在庫管理をする際には、在庫金額だけでなく、商品鮮度も意識して管理していく必要がある。
ウ.一般的に、自社在庫としてカウントする場合は、会社が買い取っている在庫に限るものとし、仕入未検収品・無償支給品等は除外する。
エ.生産段階・販売段階が連携して生産流通を行うサプライチェーン方式では、通常、販売のための常時在庫を抱えないで済む。

解説

正解:エ

標準テキスト第三版123ページにサプライチェーン方式について説明があります。以下、引用します。

受注生産や、生産段階・販売段階が連携して生産流通を行うサプライチェーンなどの方式では、販売のために常時在庫を抱えている企業よりリスクは低いが、予定どおりにいかないリスクは常にある。

書かれているとおり、サプライチェーン方式では、販売のために常時在庫を在庫を抱えている企業よりリスクは低いですが、常時在庫を抱えないで済むわけではありません。

コメント