読書感想文

読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『パディントン発4時50分』 松下祥子訳

32歳の才媛家政婦ルーシー・アイルズバロウの活動が面白いです。そんな【本の感想】アガサ・クリスティー 『パディントン発4時50分』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ポケットにライ麦を』 宇野利泰訳

話の展開も最後の締めくくも思わず「うまいなぁ」と感じてしまう面白さがあります。そんなアガサ・クリスティー 『ポケットにライ麦を』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『魔術の殺人』 田村隆一訳

面白さはあくまでも老婦人たちのやりとりです。そんなアガサ・クリスティー 『魔術の殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『予告殺人』 田村隆一訳

冒頭のインパクトは強いですが、その後はやや冗長です。失う哀しさが伝わる話です。そんなアガサ・クリスティー 『予告殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『動く指』 高橋豊訳

ミステリとしてでは無く、ややブラックなユーモアの効いた、女性への目線が厳しい、ロマンスのある物語として読むと面白いです。そんなアガサ・クリスティー 『動く指』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『書斎の死体』 山本やよい訳

かわいい女性に素敵な女性、賢い女性にずるい女性と様々な形で女性の強さを感じました。そんなアガサ・クリスティー 『書斎の死体』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『牧師館の殺人』 羽田詩津子訳

ミス・マープルシリーズ一作目です。マープルは活躍しますが、それほど出てこないのが少し意外です。そんなアガサ・クリスティー 『牧師館の殺人』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『カーテン ―ポアロ最後の事件―』 田口俊樹訳

ポアロ最後の事件の幕引きは重く苦いです。そんなアガサ・クリスティー 『カーテン ―ポアロ最後の事件―』の感想です。
2021.01.23
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『象は忘れない』 中村能三訳

真相の哀しさと優しさ、老人たちの思い出話からも伝わるしみじみ感。そしてラストが印象的です。そんなアガサ・クリスティー 『象は忘れない』の感想です。
読書感想文

【本の感想】アガサ・クリスティー 『ハロウィーン・パーティ』 中村能三訳

全体的にもやもやした物語です。そんなアガサ・クリスティー 『ハロウィーン・パーティ』の感想です。