【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年後期 20問目

問題

問題20 訪問時・商談時のマナーとして最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.アポイント時間の5分前には訪問顧客の事業所に到着する。
イ.名刺は立った状態で、社名と自分の名前を名乗りながら、顧客より先に出す。
ウ.応接室・会議室に誘導されるとき、廊下などで人とすれ違うときには、上体を約30度前に傾斜させ会釈する。
エ.部屋の入り口より遠いほど上座、近いほど下座が原則であり、長いすが客用、肘掛けいすが社内用である。

解説

正解:ウ

標準テキスト第三版151-154ページに訪問時・商談時のマナーに関する記載があります。

ウは「約30度」が誤りです。正しくは「約15度」です。「約30度」は初対面の面談者がすうrお辞儀の角度です。

コメント