【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年後期 40問目

問題

問題40 商品の表示に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.商品の表示については、欺瞞的顧客勧誘についての規制など、独占禁止法による法規制がされているだけである。
イ.商品の容器に記載されている細かな説明書き部分も、商品表示に関する規制の対象となる。
ウ.商品の原材料の産地に関する記載については、当該商品の優良性に関する事項であるとはいえない。
エ.商品の品質に関する表示に関しては法的規制があるが、アフターサービスに関する記載については、自由に行うことができる。

解説

正解:イ

標準テキスト第三版297-302に不当景品類及び不当表示防止法に関する記載があります。以下引用します。

アは誤りです。以下は297-298ページの引用です。

独占禁止法による取り締りでは、その違反処理に時間がかかり、迅速は処理が困難であった。そこで、独占禁止法の特別法として、1962年に景品および表示委関して「不当景品類及び不当表示防止法」(景品表示法、景表法)が制定された。

「独占禁止法による法規制がされているだけ」が誤りです。

ウは誤りです。以下は300-301ページの引用です。

一般の消費者に、商品または薬務の内容そのものの有料制について、誤認を与える表示のことをいう。例:「〇〇〇そば」(地名〇〇〇で取れた材料を使用しているかの表示をする)

「いえない」が誤りです。

エは誤りです。以下は301ページの引用です。

たとえば、価格・料金・サービス・アフターサービス・景品の有無等の不当な表示である。

「アフターサービスに関する記載については、自由に行うことができる」が誤りです。アフターサービスは有利誤認表示に該当します。

コメント