スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 5問目

問題

問題5 経営戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.経営戦略は、不確実性の高い経営環境下に対処するための一定の指針として必要である。
イ.経営戦略は、組織を構成する多数の人々の活動を一定の方向に推進させるために役立つものである。
ウ.経営戦略の優劣が、企業の業績や持続的成長に大きく影響を及ぼす。
エ.経営戦略は、環境変化が激しいときに、企業が環境との適合的な関係を築けるように効率性の向上が重要となる。

解説

正解:エ

標準テキスト第2版34ページにこれからの経営戦略に関する記載があります。以下、引用します。

これからもますます加速していくであろう環境変化に対応するため、これまでのコンセンサス重視、調整重視の経営からスピード重視の企業経営(アジルカンパニー:agile company)への変革が求められる。それに伴い、経営戦略部門も調整役から改革や変革の仕掛け人、変革のリーダーとしての役割が求められている。環境変化に追随するだけでなく、むしろその変化を積極的に利用し企業の競争力を強めるためには、大胆な戦略策定や組織変革が必要となる。

よって、選択肢エが正解です。

コメント