スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 18問目

問題

問題18 経営理念に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.経営理念は、企業の存在意義、経営姿勢等の経営目標の根幹をなすが、日々の経営活動の根幹をなすものではない。イ.経営理念を構成する主要な要素は、経営方針、経営姿勢及び行動規範の3つである。
ウ.組織構成員の一人ひとりに対し、経営理念が浸透することによって、組織に公式的な規則がなくても個々の行動の調整が可能となる。
エ.経営理念は、企業外に自社の今後をアピールする重要な要素である。これに対し、経営目標は、企業内に自社の今後をアピールする重要な要素である。

解説

正解:ウ

標準テキスト第2版121-122ページに経営理念に関する記載があります。以下、引用します。

組織構成員の1人ひとりに経営理念が浸透することによって、次のような意義が生まれる可能性がある。
1 組織構成員間のコミュニケーションを容易にする。
2 組織の公式的な規則がなくても個々の行動の調整が可能となる。
3 意思決定が早くなる。
4 組織構成員に理念的なインセンティブを与えることによりモチベーションが高まる。

よって、選択肢ウが正解です。

コメント