スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 14問目

問題

問題14 消費者の購買行動に影響を及ぼす社会的要因に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.冠婚葬祭等にみられる様々な風習や衣食住等に見られる文化的な習慣が、製品やサービスの評価基準の選択に影響を及ぼすことがある。
イ.家族のライフサイクル上のどの段階に位置しているのかによって、知覚されるニーズが異なってくることがある。
ウ.製品の購入経験がどれぐらいあるのかによって、製品やサービスを選ぶプロセスの複雑さが変わってくることがある。
エ.自分が所属している集団、あるいは自分が所属したいと思う集団が、製品やサービスの選び方を規定することがある。

解説

正解:ウ

標準テキスト第2版144ページに消費者の社会的側面の分析に関する記載があります。以下、引用します。

消費者行動は社会的要因によっても影響されている。ここでは、文化、準拠集団、家族を取り上げることにする。

選択肢アは文化、選択肢イは家族、選択肢エは準拠集団です。

よって、選択肢ウが正解です。

コメント