スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 27問目

問題

問題27 マーケティング・チャネル政策の基礎に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.ボランタリー・チェーンは、本部と加盟店との縦のつながりを重視する組織である。
イ.多くの消費者がその商品を理解している場合には、開放的チャネル政策をとることができる。
ウ.専売的チャネル政策のメリットの1つは、そのチャネル・メンバーである小売店の販売意欲が上昇することである。
エ.垂直的マーケティング・システムには、チャネルメンバーを調整するチャネル・キャプテンが存在する。

解説

正解:ア

標準テキスト第2版225ページにボランタリー・チェーンに関する記載があります。以下、引用します。

1920年代、食品、ドラッグ、バラエティ、金物業界のチェーンストアの急速な発展に伴う競争の激化に直面した、これら業界の独立小売店に対して、同じ脅威にさらされている卸売業者が主宰するボランタリー・チェーンに加入するよう働きかけて結成された前方統合的提携システムである。

よって、選択肢アが正解です。

コメント