スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 33問目

問題

問題33 セールス・プロモーションに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.多くの人々が視聴・参加する各種メディアや、多くの人々の行き交う場所に、時間やスペースを確保し、料金を支払って、自社の製品・サービスを提示する活動のことである。
イ.広告とは異なり、間接的にメディアを利用しようとする活動である。この活動の中心は、テレビ、新聞、雑誌などに、番組や記事として取り上げられることをねらいとした、様々な情報提供活動である。
ウ.セールスマン、販売員などの人を介し、顧客との直接的な会話を通じて、製品・サービスの販売をする活動である。
エ.広告、パブリシティ、人的販売に属さない活動の総称であり、試供品、景品、チラシなど、直接買い手の購入につながる活動を中心に構成されている。

解説

正解:エ

標準テキスト第2版261ページにセールス・プロモーションに関する記載があります。以下、引用します。

過去においてはプロモーション全体を意味する用語として、一般的にもSPと略されて使用されてきたが、現在ではキャンペーンや展示会、試供品、景品、散らし、陳列商品に付される購買時点(POP:Point of Purchase)広告、店頭宣伝等々、買い手の目前で直接販売につながるようなプロモーション活動を意味する用語として使われている。

よって、選択肢エが正解です。

コメント