スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 34問目

問題

問題34 以下の事例において、( )内に入る語句の組合せとして最も適切なものは、次のうちどれか。

<事例>
Y社は、アパレル商品を企画・販売するいわゆるSPA(製造小売業)企業であり、企画から販売に至るプロセスが高度に( ① )化された企業である。そのため、商品の企画から店頭に陳列するまでのリードタイムは競合他社に比べて非常に短いため、需要の不確実性が( ② )商品にはメリットがある。なぜなら、どの商品を市場に投入するか、どれだけ生産するかに関する意思決定はできるだけ( ③ )方が、販売リスクを軽減できるからである。また、グローバルに店舗を展開するY社は、店舗のディスプレイなどの管理における( ④ )を重視している。これは、Y社が店舗を重要なプロモーションのための媒体として、また、店舗管理をブランド管理の一環として考えており、その統一的な管理が必要と考えているからである。

ア.①:分業 ②:小さい ③:遅らせる ④:分権化
イ.①:統合 ②:小さい ③:早める ④:集権化
ウ.①:分業 ②:大きい ③:早める ④:分権化
エ.①:統合 ②:大きい ③:遅らせる ④:集権化

解説

正解:エ

コメント