スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級マーケティング 令和元年後期 1問目

問題

問題1 顧客志向のマーケティングの考え方として不適切なものは、次のうちどれか。

ア.世のため人のために役立つ機能を果たさない企業は、存在価値がない。
イ.企業は事業を運営するに当たり、まずは自社の繁栄を考慮すべきである。
ウ.企業は社会的存在である。したがって、その目的は利潤追求のみに置くべきではない。
エ.ある企業の理念は「作って喜び、売って喜び、使って喜んでもらう」ことである。

解説

正解:イ

標準テキスト第2版37ページにマーケティング・コンセプトに関する記載があります。以下、引用します。

第3点は、消費者の問題解決と企業の利益とが矛盾しない形で、全社的努力をすることの重要性である。決して自社の利益を追求することを優先目標に掲げるのではなく、企業の目的を達成するための目標の1つとして利益指標をとらえることが大切である。

よって、選択肢イが正解です。

コメント