【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年後期 23問目

問題

問題23 顧客との販売契約締結時の心構えとして最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.契約は、顧客が自ら行ったことを認識してもらう。
イ.契約後は、取引経過のまとめ・雑談などをするように努める。
ウ.契約の意思決定は、適正であったことを述べる。
エ.顧客に購入によるベネフィットをイメージさせる。

解説

正解:イ

標準テキスト第三版177ページに“契約締結時の心得に関する記載があります。以下、引用します。

〇購買決定は、顧客自身によって行われたことを認識してもらう
〇顧客に対して購買決定の正しさを誉める
〇顧客に購買後のよい状況をイメージさせる
〇契約(取引)条件を確認する
〇余計な話をして長いせず、顧客に感謝の言葉を述べ、去る。

イは「取引経過のまとめ・雑談などをするように努める。」が誤りです。

コメント