【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和元年前期 29問目

問題

問題29 与信管理に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.与信管理においては、個々の顧客の取引実績と信用状況に応じて、与信限度を設定・変更することが大切である。
イ.与信管理の目的は、販売代金の回収遅延・不能に関するリスクの軽減である。
ウ.自社による信用調査を行う実施者は、営業パーソン、調査課等の専門セクション・担当等である。
エ.与信管理において必要な顧客に関する情報は、「顧客の経営情報」と「顧客を取り巻く経営環境に関する情報」に大別される。

解説

正解:エ

標準テキスト第三版196ページに顧客に関する情報の説明があります。以下、引用します。

顧客に関する情報には、顧客自体の情報、顧客を取り巻く経営環境に関する情報、そして自社取引に関する情報に分かることができる。

回答エには自社取引に関する情報が含まれていません。

コメント