【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年前期 2問目

問題

問題2 営業パーソンの顧客に対する役割に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.営業パーソンと顧客の最良の関係は、顧客が自社のことを宣伝して、顧客を次々に紹介してくれるレベルである。
イ.顧客の経営改善や業務改善等について、固定概念にとらわれない提案を中心に、数多く提供するように努めることが大切である。
ウ.市場の中で自社製品を使うことにより、業務上の課題や問題を解決できる顧客は誰かという視点でターゲット顧客を見つけ出すことが大切である。
エ.継続的に受注できるようにするためには、取引を重ねる中で、顧客の利益増大や問題解決の貢献に寄与することが大切である。

解説

正解:イ

標準テキスト第三版14-16ページに営業パーソンの顧客に対する役割に関する記載があります。以下引用します。

顧客に、自社の提案を採用してもらうためには、精力的に情報収集や調査を行い、これらの障壁を乗り越えて競争相手に勝てるだけの提案内容を組み立てる必要がある。

よって、選択肢イが正解です。他の解説についても同じ場所に記載があります。

競争相手に勝てるだけの提案内容が大切です。固定概念や数多くの提案が無意味ではありませんが目線がずれています。

コメント