【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年前期 36問目

問題

問題36 手形・小切手に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

ア.約束手形は、振出人が支払人に対して、受取人への支払を委託する手形である。
イ.小切手は、手形と同様に相手方の支払を猶予する信頼機能を有する
ウ.売買代金の支払いについて約束手形の振出しが買主から提案された場合、約束手形の支払は確実なので、買主の信用調査は不要となる。
エ.約束手形の振出人の住所が正しく記されていれば、振出地は空欄でも構わない。

解説

正解:エ

標準テキスト第三版253-254ページに約束手形の注意点に関する記載があります。以下、引用します。

振出地(同法75条6号)
振出人の住所が正しく記されていれば、空欄でもかまわない。

よって、エが正解です。

コメント