【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級営業 令和2年前期 1問目

問題

問題1 営業パーソンシップに関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。

ア.営業パーソンは、他部門の社員の給料も自分が稼いでいるというくらいの気概と、自分が会社を支えているのだという使命感を持って仕事に取り組むことが第一である。
イ.顧客から競争顧客の重要情報を強く求められた場合、成約の見込み・メリット
取引不成立のデメリット等を客観的に分析して提供すべきかどうかを判断する必要がある。。
ウ.営業パーソンは、初回訪問からうまくいかないことが当たり前と考え、やればできる、やってみなければ分からないと常にプラス思考で前に進むことが大切である。
エ.顧客との良好な関係を長く維持していくためには、「お客様のために働く」という使命感を持ち、顧客の立場を深く知る努力が必要である。

解説

正解:イ

標準テキスト第三版7-8ページに営業パーソンシップに関する記載があります。以下引用します。

営業パーソンは顧客からさまざまな要求を出されることがあるが、なかには理不尽な要求をされることがある。競争顧客の情報要求、賄賂、ルール外の伝票操作などを、顧客の有的立場利用や取引成約の条件として要求される場合もあるが、これらは明らかに社会倫理に反する不正なので、どのような理由で強制されても断固固辞する姿勢で臨むことが必要である。

よって、選択肢イが正解です。他の解説についても同じ場所に記載があります。

コメント