【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級人事・人材開発 令和元年前期 24問目

問題

問題24 企業年金に関する記述として誤っているものは、次のうちどれか。

ア.確定拠出年金は、原則として60歳前には引き出せないが、転職時には年金資産の移管が容易になる。
イ.確定給付企業年金には、規約型、基金型がある。
ウ.キャッシュバランスプランでは、個人は、受給額が一定の範囲内で金利変動の影響を受けるが、企業は、金利リスクと退職給付債務を抑制することができる。
エ.退職給付を年金として受給する場合、一時金として受給する場合と比べて、税法上、有利になる。

解説

正解:エ

標準テキスト第二版205ページに控除に関する記載があります。以下引用します。

退職給付を年金として受け取ると退職一時金に比べて税制面で不利である

コメント