【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級人事・人材開発 令和元年前期 25問目

問題

問題25 健康保険制度に関する記述として誤っているものは、次のうちどれか。

ア.勤労者を対象とした職域保険の代表的な制度には、健康保険組合を保険者とする組合管掌健康保険と、全国健康保険協会を保険者とする協会管掌健康保険がある。
イ.健康保険の保険料は、事業主が従業員に支払う賃金に基づき決定される標準報酬月額と標準賞与額に所定の保険料率を乗じて算出される。
ウ.保険料率は、政令が定める範囲内で、健康保険組合又は全国健康保険協会が決定する。
エ.保険料の負担は労使折半であり、健康保険組合が自らの規約によって、事業主の負担分を被保険者の負担分より少なくしたり、又は多くしたりすることはできない。

解説

正解:エ

標準テキスト第二版225ページに控除に関する記載があります。以下引用します。

保険料の負担は労使折半が原則であるが、事業主の負担を増やすことができる。

コメント