【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級人事・人材開発 令和元年前期 22問目

問題

問題22 給与控除に関する記述として誤っているものは、次のうちどれか。

ア.親睦会費を給与控除するには、労使協定が必要である。
イ.住民税を給与控除するには、労使協定が必要である。
ウ.口座振込の方法で給与を支払うには、本人同意が必要である。
エ.社宅使用料を給与控除するには、労使協定が必要である。

解説

正解:イ

標準テキスト第二版192ページに控除に関する記載があります。以下引用します。

所得税、市町村民税・道府県民税等の特別徴収額、社会保険料、雇用保険料等の徴収額について、各種法令に基づいて正確に計算する。

よって、住民税を給与控除するには、労使協定は必要ではありません。

コメント