スポンサーリンク

【資格試験勉強】【解説】ビジネスキャリア検定3級経営戦略 令和元年後期 23問目

問題

問題23 経営環境分析の手順として適切なものは、次のうちどれか。

ア.環境要因の選定 → 情報収集 → 環境要因の変化予測 → 機会・脅威の抽出 → 重要経営課題の創出
イ.情報収集 → 環境要因の選定 → 環境要因の変化予測 → 機会・脅威の抽出 → 重要経営課題の創出
ウ.環境要因の選定 → 環境要因の変化予測 → 情報収集 → 機会・脅威の抽出 → 重要経営課題の創出
エ.情報収集 → 環境要因の選定 → 環境要因の変化予測 → 重要経営課題の創出 →機会・脅威の抽出

解説

正解:ア

標準テキスト第2版149-150ページに経営環境分析のステップに関する記載があります。以下、引用します。

経営環境分析は主に5つのステップに従って進められる(→図表7-3-1)第1ステップは、環境要因の選定である。
(中略)
第2のステップは、情報収集である。
(中略)
第3のステップは、環境要因の変化予測である。
(中略)
第4のステップは、機会・脅威の抽出である。
(中略)
第5のステップは、重要経営課題の創出である。

よって、選択肢アが正解です。

コメント